千葉県の建設業許可

建設業許可 更新 決算終了届 経営事項審査 入札参加資格申請等

建設業許可申請をお考えのみなさま、行政書士法人Fineの天野と申します。

このたびは弊社HPをご覧いただきありがとうございます。

行政書士法人Fineでは建設業を営むお客様の建設業許可申請代行を行っております。

行政書士有資格者が迅速・丁寧にお話を伺い、責任をもってみなさまの建設業許可の申請を行います。

みなさまがスムーズに建設業許可を取得できるよう、また取得後の建設業許可を活かせるよう全力でサポートをさせていただきます。

建設業許可の詳細はこちら

建設業許可を取得するメリット

①建設業許可を持っていれば信用に繋がります。

建設業許可を取得するためには、一定の要件を満たす必要があります。

建設業の経営経験のある役員がいること、建設工事の施工ができる技術者がいること、会社に資金調達能力があること、適正な社会保険に加入していることが要件になっているため、

国や都道府県が優良な建設業者であることを証明することになります。 

②軽微な建設工事を超える工事を受注できます。

1件の請負代金が500万円以上(税込)の工事を受注できるようになります

(建築一式工事は1,500万円以上かつ木造住宅で延べ面積が150㎡以上の工事)。

建設工事の請負契約を締結するさいに建設業許可が必要になるため、500万円以上の建設工事を受注しても、許可がなければ仕事をうけることができません。

また、発注者やゼネコン等の元請業者によっては、建設業許可を持っている業者にしか発注しない場合があります。

いずれにしても建設業許可を取得しておくことで失注を防ぐことができます。

つまり、建設業許可を取得すると、元請会社、お客様からの信頼が上がり、受注のチャンスが広がるため、安定した事業の経営につながります。

③許可取得後に経営事項審査を受ければ、公共工事入札が可能になります。

許可取得後に経営事項審査を受け、各自治体(市町村や都道府県)の入札参加資格を取得すれば、公共工事の入札に参加できます。

公共工事を安定して受注することにより、事業の発展が図れます。

ご自身で書類を作成するデメリット

建設業許可の申請に必要な書類が多い

建設業許可は申請書だけで20枚近くの書類を作成します。

申請書は決められた様式を使用しなくてはならず、記載方法が細かく決まっているため、

慣れていない方が作成した場合、時間と手間がかかります。

また、申請書の裏付資料も大量に収集しなくてはならず、行政規則に照らした上で、申請書との整合性をとらなくてはなりません。

日々お忙しいみなさまが平日の時間帯に役所で書類を取得したり、役所の手引を確認しながら申請書類を作成することは非常に難しいと思います。

手続きに不安を感じる

建設業許可を取得するためには、とても厳しい条件が課されているため、自分の場合は

どのような書類を提出すべきか行政規則に基づいた専門的な判断が必要になります。

そのような判断を行う為には、法律の条文、施行令、施行規則、各自治体の手引の把握に加えて、

建設業許可申請のノウハウが必要となります。

ご自身で時間をかけて書類を作成しても、最悪の場合は許可がおりず、やりなおしの可能性もあります。

行政書士法人Fineがサポートできること

 建設業許可の取得及び書類作成に関するコンサルティング

建設業許可の要件を満たしているか、どのような手順を踏めばスムーズに許可を取得できるのかご案内いたします。

 建設業許可に関する公的証明書の収集及び申請書類作成、提出代行

お忙しいみなさまに代わり、平日の日中に役所で証明書を取得します。

取得した証明書をもとに申請書類作成をおこない、内容をご確認いただいた上で

書類に押印等をいただき、役所に提出いたします。

Ⅲ 建設業許可の管理及び活用に関するコンサルティング

会社の役員が変わる、決算が終了する、公共工事の入札に参加する等、建設業許可を維持または活用するさいは法律上の手続きが発生します。

会社の状況が変わったり、新しいことを始めようとするときにはお気軽にご相談ください。

現在必要な手続きと今後やっておいた方が良いことをご案内いたします。

弊社では建設業の決算変更届、5年ごとの更新、経営事項審査、入札参加資格申請まで

建設業に関わる手続きを幅広くサポートをしておりますので、長期的にサービスをご利用いただけます。

Ⅳ 建設業法務に関するコンサルティング

建設業許可取得後に遵守しなくてはならない法律上の義務をご案内いたします。

その後も必要な時期に覚えておいていただきたいことをお伝えいたします。

また、必要であれば新しい法令等に対応するための手続きをご案内いたします。

建設業許可取得までの流れ

STEP1. ヒアリング

建設業許可の取得要件を満たしているか確認いたします。

面談当日は事業主様に簡単な経歴書を書いていただきます。

要件を満たしている場合は、簡単にお手続きの流れ、スケジュール感のご案内をいたします。

ご依頼いただける場合は、契約を締結の上、費用をお振込いただきます。

STEP2. 必要書類及び申請スケジュールのご案内

ご準備いただきたい書類の一覧をご案内いたします。

日中忙しく、公的証明書等の取得が難しい方は、弊社が代わりに取得することもできます。

また、許可取得までのスケジュールをご案内いたします。

全体のスケジュール管理を弊社で行い、適宜リマインドを行うことで手続きが停滞しないようにいたします。

STEP3. 申請書類の作成、押印書類の送付

必要書類をご提出いただきましたら、建設業許可申請書の作成を行います。

申請書類が完成しましたら、内容をご確認いただいた上で押印書類を送付いたします。

STEP4. 建設業許可申請代行

押印書類を受領後、建設業許可申請を行います。

審査期間は1カ月~2カ月前後が見込まれます(大臣許可の場合は3カ月~4カ月前後)。

審査完了後に建設業許可通知書が会社に送付されます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせはこちらから受付しております。

    Twitter

    Facebook

    ブログ

    タイトルとURLをコピーしました